自営業ヒデ&アキ+甘えん坊愛猫3匹の北海道生活満喫ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年の大晦日
2005年12月31日 (土) | 編集 |
夜明け・・・


今年は、私のブログ元年でした。

4年続いた趣味のホームページを閉鎖して約1年後に始めたブログ。
あの時よりは気楽な気持ちで、続けられています。

ブログで知りあった方。
ホームページの時からのお友達。
ねこ村パン屋のお客さま。
東京時代の友人。
同級生。
時々母。
いろんな人に、アキの考えを聞いてもらいました。

時に、ブログが心の負担になりかけたこともあったけど
同じ失敗は繰り返さないようにと自分に言い聞かせながら
こうして気持ちを吐露することも、私にはひとつの清涼剤なんだなと
今も書いてる次第です。良薬口に苦しですな。

皆さんからのコメント、ひとつひとつ、
いつもじっくり読ませて頂いています。
私に向けられた言葉の数々、
とてもありがたく頂戴しています。
人と触れ合う喜びを、ここでも深く感じています。
ありがとう。

これから、待ちに待ったカウントダウン試写会です!キャホー!
お風呂入って、新しく買った洋服とブーツ身につけて、
ヒデとおしゃれして電車に乗って行ってきま~す!うれしーうれしー♪

どうぞみなさん、良いお年を!
また来年お会いしましょう!

最後に、我が家の愛猫たちの超愛らしい姿をどうぞ!

051231-2.jpg ハナ、ストーブの前でウフ。
051231-3.jpg トキ、ちゃぶ台の下から注目。
051231-4.jpg ユメ、もう眠いの。
スポンサーサイト
仕事納め
2005年12月30日 (金) | 編集 |
小さなお客さま。

もっと近くにいらっしゃいませ。

ある日、お客様と。

「今日はお休みなんですか?」
「そうなんです」
「そっか、土日はお休みでしたね」
「・・・?」
「あれ、今日水曜日か」

「ありがとうございます、884円でございます」
「せんと・・・はちじゅう・・・」
「あ、オレ4円玉出そうか。・・・4円玉なんてないか」

「いくら?」
「315円です」
「ハイ、この中から好きなだけ取って」
「ハ~イ、じゃあこれ全部」

「ごめんなさい、少々お待ちくださいませ」
「やだ」
「ダメです、お待ちください」
「やだ」
「やでもダメです」
[READ MORE...]
稽古納めタップ編
2005年12月26日 (月) | 編集 |
今年最後のタップのレッスンも、無事終了しました。
タップダンス教室を始めて1年10ヶ月。
最初は、生徒さんも集まらないだろうし、集まったとしても
続いて2~3ヶ月がいいとこでしょうと思っていました。



この1年10ヶ月の間、いろんな経験をさせて貰いました。

「先生」と呼ばれることの戸惑いと責任。

どうやったらもっと上手く踊れるように教えてあげられるんだろう
どうやったらタップの楽しさを伝えることが出来るんだろう
どうやったらみんながもっとタップを好きになってくれるんだろう

「どうやったら」と「もっと」の日々だったと思います。
そして、それはきっとこの先、タップダンス教室が続く限り
私の中で問われ続ける言葉なんだと思います。

051226-1.jpg

でも、私の目的はたったひとつ。私のタップの原点でもある、
「踊っている人も観ている人も楽しくなるダンス」これだけです。
この原点さえ見失わないようにすれば、きっと・・・

最後のレッスンは、会議で参加できなかった歯科医師の生徒さん以外
全員雪の中参加してくれました。総勢8名。
真冬の北海道のパン屋の店内で、汗をかく8名プラス私。

みんな!今年はありがとう!
来年もいっぱい笑って時々壁にぶつかって
楽しくステップ踏んでいこうね!ありがとう!
誓いの夜
2005年12月25日 (日) | 編集 |
今年のクリスマスは、ピザの予約がたくさん入りました。
お店で迎えるクリスマスはこれで3回目。
1回目のクリスマスの時は、初めてのピザのオーダーに
緊張しすぎたヒデが夜中腹痛を起こし、トイレで真っ青になったっけ。
あの時から、ねこ村パン屋のオーダーメイドピザが始まったんだなあ。

そんなことを思いながら、閉店後、私達のクリスマスパーティをやりました。


余り物食材で作った、ヒデ特製スペシャルピッツァ。美味しそ~う!
051225-3.jpg 焼き立てだと、チーズがこんなに伸び~る!
いっただ~きま~~~す!パクッ! 051225-4.jpg

「オイシイ~!」「サイコ-!」「シアワセ~!」
2人でこれらの言葉を連呼しながら、次はクリスマスケーキです。

051225-1.jpg
今年はインターネットでお取り寄せクリスマスケーキ。
これがまた、とても冷凍ケーキとは思えない美味しさ!
繊細なデザイン、匠の技が光る味、こういうのが食べたかったんだよ~。

「美味しいことって幸せだよね」

ヒデがケーキを食べながら呟いた言葉。
ホントそうだと思います。
ねこ村パン屋も、美味しい幸せをお届け出来るよう頑張ろうねと
改めてクリスマスの更け行く夜に誓ったのでした。
ラストレッスンバレエ編
2005年12月24日 (土) | 編集 |
お店のサンタさん。

お酒に囲まれ嬉しそう。あったまるからね。

土曜日は、今年最後のバレエのレッスンでした。
10月に入会してから3ヶ月。
今月は体調不良で2回しか行けなかったけど
最後のレッスンに参加できて、本当に良かったです。

2週間もレッスン期間があいてしまうと、体がボヤ~ッとしてしまい
立っていても何をしていても、どうも締まりのない感じがします。
継続は力なり・・・小林校長は正しかった。

1時間半、飛んだり跳ねたり回ったり上げたり下げたりした後は
体がスッと伸びた感覚があります。
こんなこと毎日していれば、そりゃバレリーナみたいになるんだろうなあ。
そうしたら、ちょっとはおしとやかで乙女チックなワタシなれるかな・・・
うわあ~全然想像できない。無理。ありえない。

帰り際、先生に
「ねこ村さんも来年はポワントで・・・」
とニッコリされました。ポワント、トウシューズのことですね。
残念ながら、ポワントレッスンの時間は仕事があるので無理なのですが
そう声を掛けていただけたことが、とっても嬉しかったです。
3年前、東京で最後のバレエのレッスンを受けた時、
もうポワントを履くことは一生ないだろうと思っていたから。
まさか3年後、札幌でバレエ習ってるなんて夢にも思っていませんでした。
人生って素晴らしい。

051224-2.jpg
レッスンの帰り、スーパーで買い物を。
駐車場は真っ白なので、何となくこの辺?って所に駐車します。
でめきんは車高が高いので、屋根の雪下ろしは大変。
この日は、頭に雪をかぶったまま走ってもらいました。
これはこれでカワイイよ~♪
THE有頂天にホテル
2005年12月23日 (金) | 編集 |
051223-2.jpg

ハイッ!ありがとうございます!行かせていただききます!
THE有頂天ホテルでございます!

試写会なんて初めて~~~しかもホテルで~~~~にゃはー!
31日は死ぬ気でお店の大掃除やってバババッと終わらせて
うち帰って年越しそば食べてお風呂入って試写会行くんだー!

FMラジオの試写会プレゼントに応募したら当選しました。
ホンット映画には無関心だった私が、10数年振りに示した興味。
三谷幸喜脚本監督にして、豪華キャスト陣の名前を見ただけで
この映画に外れはないと確信。絶対見るんだーっ!

願わくば、試写会で三谷さん達に会えると嬉しいなあ。
けどそこまでは望みすぎかな。
でも夢で見たんだな、試写会で三谷さんと握手しているの。
よほど楽しみなんだね、THE有頂天ホテル。

有頂天に仕事を終えて帰る車の中で。

寒くて人気のない交差点を、ミニスカートで歩く姿。
雪よりも白いブーツからのぞく足は、恐らく素足。ひょー寒くないのかな?
しかし、それより何より驚いたのは、そのミニスカートに白いブーツ、
きらり輝くセーラー服を着ていたのは・・・

「・・・男だ」

あれはどういう罰ゲームだったんだろう。
かぼちゃアイス
2005年12月22日 (木) | 編集 |
今日は冬至。
かぼちゃを買い忘れたので、コンビニでかぼちゃアイスを買って食べました。
風邪除け祈願ですが、冷え性の私にかぼちゃアイスはどうでしょう。

あいにくゆず湯まで気が回らなかったので、
とりあえず普通にお風呂に入ってあったまりましょう。
外はキーンと冷たいですが、星はキラキラ瞬いていました。

今日が1年で最も昼が短く夜が長い日なら、
明日からは少しずつ、明るい時間が長くなっていくんですね。
冬の寒さはまだまだ増していくけれど、
厳しいだけじゃなくて、優しい部分もちゃんと与えてくれる・・・
大きいなあ。

痛気持ち・・・
2005年12月20日 (火) | 編集 |
「え~っと、痛気持ち悪いって感じです」

痛気持ち悪い・・・いたきもちわるい。
痛いだけじゃなくて気持ちも悪い。痛いし気持ち悪い。気持ち悪い上に痛い。
どっちと聞かれても、どちらかを選ぶことは出来ないという不快感。
それが痛気持ち悪いです。

「え?」

・・・え?
今お医者さん、「え?」って言った?
え?イタキモチワルイ・・・んですけど・・・

ストレッチしている時よく聞く言葉に、「痛気持ち良い」 があります。
伸びて伸びて痛いんだけど、その痛みがこれまた気持ち良いという
ちょっとマゾヒスティックな感覚とでもいうのでしょうか。

これって、ダンスなんかでストレッチやってる人には
大体分かる言葉だと思います。イタキモチイイ。痛気持ち良いんです。

それと同じで、お医者さんにこの「痛気持ち悪い」は
当たり前に分かって貰える感覚だと思っていたのですが、
違うの・・・?痛気持ち悪いは医学用語じゃないの?
医学用語じゃないでしょう。

ちなみにヒデは、痛気持ち悪いは分かるけど痛気持ち良いは分からないとか。

051221.jpg
トキは無条件に気持ち良いだね。
胃腸の行方
2005年12月18日 (日) | 編集 |
お店の前。午後3時。

帰る頃には、雪は氷になります。道も凍ってツルツルになります。
今日はとっても寒かった。北海道に住んでるんだなあと実感する瞬間。

月曜から、胃と腸の具合がすこぶる悪いです。
キリキリ・・・シクシク・・・
とにかく痛気持ち悪くて、ひどい時は立っていられないほど。
歩く振動が痛みに響いたり、脂汗をかきながら接客したり、鳥肌な1週間。

医者嫌いの私ですが、明日は観念して病院に行ってみる予定。

何が悔しいかって、痛みのピークが過ぎた気配がすること。
いつもこうなんだなあ。ピーク過ぎて回復傾向のタイミングで病院へ。
「なんか良くなってきちゃってるんですけど、昨日までは・・・」
1番ひどい状態の私を見せたかったと、いつも思います。

多少痛みや不快感があるから、診てもらって損はないだろうけど
治ってきてるのに診察受けて、それでお金払うってのが悔しい。
なにせ医療費高いですから。

先日、医者とお金の関係を教えて貰いました。

はあ~なるほどそうなんだ~。
そりゃそういう仕組みなら、お金が必要になるだろうし
そのためには患者からお金をどんどん取るでしょうよ。
ううう~なおさら病院行きたくないなあ。

朝起きたら、この1週間がうそみたいにスッキリしてますように!
言いたいことは・・・
2005年12月17日 (土) | 編集 |
プロとアマチュアの違い、アキ論。
難しいことを簡単そうにやってのけるのがプロ。
難しいことを難しそうにやってしまうのがアマチュア。

その点でも、女子フィギュアスケートの浅田真央選手はプロだと思います。
まだ15才の彼女ですが、学ぶところがたくさんあって、本気で尊敬しています。

異常に感情移入してしまうため、あまり映画は見ないワタクシですが
どうしても見たい映画、それが 『THE有頂天ホテル』

三谷幸喜氏脚本監督となると、面白くないわけがないでしょう。
何より私の琴線に触れたのは、副支配人役の役所広司氏が
タキシードにトナカイの被り物をしてマイクの前に普通に立っているワンカット。
そのありえなさに、この作品への期待が嫌が応でも膨らみます。
ああ~見たい!

私は不特定多数の人を幸せにする術は知りませんが、
特定の人をお祝いする喜びは知っています。

いろんなお祝いシーンがありますが、その中でも特に好きなのが
「お誕生日おめでとう!」
言っても言われても嬉しい言葉です。
先日のマイバースデイでも、いろんな方からこの言葉を頂いて
とっても嬉しくてハッピーな気持ちになりました。
今日は不肖ながらワタクシが、この言葉を送らせて頂きます。

051217.jpg
かずさん、お誕生日おめでとうございます!
かずさんにとって、この1年が喜びに溢れますように。
歩きタバコ
2005年12月13日 (火) | 編集 |
お店のクリスマスツリー近影。


歩きたばこに関する記事を見つけました。

とある劇団の養成所に通っていた時、タバコを吸う役が当てられました。
役者っていうのは本当にシビアな職業で、タバコ嫌いでもタバコ吸う役なら
タバコ吸わなきゃいけないんですよ。
で、練習しました。でも、吸い込むことはどうしても出来ませんでした。
もともと嫌いなもんだから、どこかで拒絶してたのかもしれません。
結局、口の中に煙を貯めて吐き出すというところで勘弁して貰いました。

その後しばらく、タバコをふかすのが癖になりました。
大抵タバコを吸う友達といる時に、考え事をしながらふかしていました。
いっちょ前に、お気に入りのタバコなんてのもありました。
今はもう、手に取ろうとも思いません。

タバコは、百害あるけど一利もあると思います。
一利・・・リラックス効果です。
あれって深呼吸してるのと同じなんですよね。そりゃ落ち着くでしょう。
でも、歩きながら深呼吸はしないですよ。しないというか出来ません。
でもでも、歩きタバコの人って多いんですよね。なんで?

一利を少しかじった者として、タバコやめろとは言いません
その代わり、人に迷惑掛けるなら吸うなと言いたいです。
歩きタバコは、誰が何と言おうと非常に迷惑です。

北海道にも、歩きタバコ禁止条例が出来ればいいなあ。
12番
2005年12月11日 (日) | 編集 |
発表会の次の日が仕事で良かった。
もしお休みだったら、なかなか現実に戻れなくて苦労したかもしれない・・・

今回、舞台そのものは成功だったと思います。
じゃタップダンサーアキはどうだったかというと、非常に悔いが残りました。

決めなければならないところで、思いっきりグラいついたのが2回。
衣裳の早替えが全然間に合わず、ネクタイも変だった。
みんなと同じステップの振り付けで、1人違うことをやった。

ううう、ごめんね、みんな・・・・

グラつきは、もうなってしまったからはどうしようもなく
笑顔いっぱいでめちゃめちゃ懺悔してました。ホントごめんなさい・・・!

早替えはサポートの人との呼吸が合わず、本番が1番悪い出来でした。
練習では余裕があるぐらいだったのに・・・悔やまれます。

ステップ大間違いしたところは、見ている人は気付かなかったみたいで
結果はオーライだったけど、自分が許せません。
あそこは揃えたかったのに・・・ばかばかばか~~~~~~!!!

己の未熟さを痛感しました。精進します。



そして、今回ヒデには本当にお世話になりました。
[READ MORE...]
初舞台
2005年12月10日 (土) | 編集 |
まず、はじめに・・・

今回の発表会について、
応援してくださった方、雪の降る中観に来てくださった方、
全ての方に、心から感謝します。

051210-1.jpg

小学1年のかおちゃんは、滅多にはかないスカートで会場に現れました。
女子高生あみちゃんは、自分で質問した答えも聞かずメイクしていました。
1番緊張する女子大生なっつんは、お昼にカツカレーを食べていました。
ナースさっちんは、眉をどこまで濃く書けばいいのか悩んでいました。
最年長まゆみさんは、既に自宅から舞台用のウィッグをつけてきました。
みんな気合入ってるね。いいねいいね。

楽屋に入ってから7時間。いよいよ本番。
舞台袖にも聞こえる客席のざわめきは、これがリハーサルじゃない
まぎれもなく本番だということを物語っていました。
そして幕が上がり、未知の光の中に進んでいく4人・・・


[READ MORE...]
私の12月9日
2005年12月09日 (金) | 編集 |


明日はいよいよタップダンスの発表会。
今日の夜は、そのリハーサルがありました。

舞台で踊るのは4年ぶり。
誰もいない客席に向かって、まぶしい光の中に立つ。
少しの戸惑い。
その戸惑いは、指導者という立場ゆえか。それとも4年のブランクゆえか。
どっちでもいい。
明日はきっと、弾けてみせるんだ。

今日はとても落ち込むことがありました。
どうやって、明日を迎えればいいのか分からないぐらい。
その気持ちを救ってくれたのは、ヒデの優しさ。思いやり。
上のケーキは、ヒデの手作りです。

今日は私の誕生日でした。
「ケーキ職人でもないのに、ケーキ作っちゃったよ」
ヒデ、こんなにシアワセいっぱい詰まったケーキ、ワタシ食べたことないよ。
美味しいケーキは食べたことあるけど、シアワセなケーキって初めて。
ありがとう。ありがとう。

051209-2.jpg

お誕生日のお祝いをくださった方、とても嬉しかったです。
発表会を応援してくださっている方、とても勇気が出ます。
みなさんのお力添えのお陰で、私は前に進んでいけます。
ありがとう。ありがとう。
決めた記念日
2005年12月07日 (水) | 編集 |

お店ではいているジーンズ。開店当初からのおつきあい。
でももうこんなになっちゃったから、お疲れ様でしたするね。
2年半、一緒に働いてくれてありがとう。

今日は、私がヒデとの結婚を決めた運命の日です。
といっても「結婚して下さい!」と叫んだとか指輪貰ったとかではなく、
ヒデとお付き合いすることになった日なのです。

当時、ダンスのレッスンとバイトに1年のほとんどを費やしていた私。
1年のほとんど以外の日には、ヒデと釣りや食事に行くことがありました。
もしかしたら、世間一般ではそれを『デート』というのかもしれませんが
彼氏イナイ歴というか彼氏は別にイラナイ歴の長かった私は、

「貧乏フリーターの私をかわいそうに思って、ヒデさんはご飯とかに
 連れて行ってくれるんだな~ありがたいな~」

と、本気で思っていました。
6年前のこの日も、食事に連れて行ってくれたんだよね。
私が待ち合わせに大遅刻しちゃってさ。
大慌てで走っていく私を見つけた時のヒデの顔、今でも忘れられないよ。

あれから6年。

あの時は、まさか北海道でパン屋やるなんて思いもしなかったよね。
ヒデはイタリアンレストランでコックさんやってたし、
私はどこで何してたんだ?カフェでバイトしてたんだっけ?
お互いパン屋からは離れてたのにね。

これからも、いっぱいいっぱいよろしくお願いします。
最後のレッスン
2005年12月05日 (月) | 編集 |
051205-1.jpg
お店の窓に取り付けたクリスマス飾りの影絵。

発表会に向けた最後のレッスンが終わりました。
あと迎えるは、金曜のリハーサル、そして土曜の本番だけ。
いよいよ、今週土曜日が本番です。

4ヶ月、本当にみんなよく頑張って練習しました。
初めてのことに戸惑いながら、一生懸命前に進もうとする姿。
みんなの流した汗は、かけがえのない財産。

最後の練習は、とっても楽しいものでした。

先週、気持ちのたるみを注意され、泣きながら練習した小学1年かおちゃん。
最後の練習は、ハワイの空と海の中で楽しく踊ってました。

本番まで残り1ヶ月を切ってから、見違えるほど上達した大人チームの4人。
「自分の可能性を信じて!」と言い続けてきた私でしたが
その可能性に誰よりも驚かされたのも、この私。
最後の練習、それぞれが見せる表情に、確かに輝くものを受け取りました。

もちろん、技術的にはみんなまだまだ。
でも、技術はこの先一生かけて磨いていくもの。
その一瞬に輝かせられるのは「技術」じゃなくて「心」というのが私の持論。
最後のレッスンで私がみんなに伝えたことは、
「みんなで楽しく踊ろう」、その1点だけでした。もうそれで充分です。

そして、みんながそれを受け取ってくれたであろうことに、
あとは私が自分の練習を心残りなくやるだけだなと。

楽しみを持って。

051205-2.jpg
こんなところに雪だるま。

ゴミ屋とパン屋と政治屋
2005年12月02日 (金) | 編集 |
先月、こんな手紙がお店に届きました。

「プリペイド袋販売価格を市の定めた清掃手数料の範囲内で
 平成18年4月1日より下記のとおり改定させていただきたく、(後略)」

つまり、事業用ゴミ袋の値段が値上がりするというお手紙です。

事業用ゴミは、一般ゴミとは別で、業者さんに回収してもらいます。
回収費用は、専用のゴミ袋を購入することで支払うシステムになっています。

実は既にこの10月、札幌市のゴミ処分手数料は値上がりしていました。
それに対して、業者さんこと札幌市環境事業公社は
「収集の効率化、諸経費の削減等の努力を重ねて、平成17年度については
 プリペイド袋の現行販売価格を据え置くことにして」くれていました。

これだけでもありがたいし助かっているのに、更に業者さんは続けます。

「道内景気の好転の兆しが一向に見えない現状で、このようなお願いを
 することは誠に心苦しい限りであります(中略)本来であれば、
 職員がお伺いの上、詳細説明をさせていただくのが本当かと存じますが、
 郵送をもってお願いする失礼をお許しくださいますよう(後略)」

小泉純一郎内閣総理大臣、そして、高橋はるみ北海道知事。
企業は本当に努力してますよ。
そして、不景気であることを肌で痛いほど感じ取っていますよ。
でもこの痛み、お金に苦労してない方々には絶対分からないんだろうな。

高橋知事が、お米のCMに出てお米ぱくついている時
弱小パン屋は100円200円に人生掛けて働いてます。
でも100円のパンを売るのがどんなに大変か、絶対分からないだろうな。



不景気なのが個人の責任じゃないってことは、よーく分かってます。
分かった上で、文句の1つも言いたくなります。

あんたらホントに分かってんのかー!?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。