自営業ヒデ&アキ+甘えん坊愛猫3匹の北海道生活満喫ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナタがワルイ
2005年09月30日 (金) | 編集 |
男子顔負けのやんちゃガールだった小学生の頃、
近所に住むひとつ年下の男の子をよくからかっていました。

ある日、彼と彼のお母さんが、うちに話し合いに来ました。
何を話したかは全く覚えていませんが
母がずっと私のことをかばってくれていたのは、なんとなく覚えています。

でもお母さん、やっぱりあれは、私が悪かったんだよ。
あの時もちゃんとそれは分かっていて、
だからかばってくれたことが申し訳なくって苦しかった。
でも、ありがとう。

050930.jpg

お店にいると、いろんな親子連れのお客さんに出会います。

パンを触ろうとする子供を止めるので、ヘトヘトなお母さん。
子供が何してようがお構いなしで、パン選びに没頭するお母さん。
なだめたりすかしたり妥協したりしながら、パン選びをするお母さん。
そしてもちろん、つつがなく子供とお買い物をするお母さん。

子供とパン屋さんで買い物をすること。
これは成長の過程において大切な社会勉強だと、私は思っています。
だから私はだめなことはだめと、お客さんの子供でも言います。
とはいえやはりお客さんの子だから、かなり様子は伺いながらですが。

でも本当は私じゃなくて、お母さんに言ってほしいんですよね。
そして注意するなら、「ホラお店の人に怒られるわよ」ではなくて
してはいけないことをしたからダメなんだと、ちゃんと教えてあげてほしいんです。

世の中にはやっていいことといけないことがいっぱいあって、
まだ経験値の低い子供には、その分別がつかないことだっていっぱいあって、
じゃあその時、誰が彼らを導いてあげるのか。
やっぱりそれは、親を始め大人の責任じゃないかと思うんですよね。

やっちゃいけないことは、やっぱりやっちゃいけないんですよ。
もしそれが分からないなら、時にはゲンコツもあっていいと思うんですよ。
そのゲンコツは、出した自分の心も同じだけ痛みますもの。
子供だけが、痛い思いをするわけじゃないんですから。

「アナタが悪い」
ちゃんとそれを子供に伝えられる親や大人になることを、めんどくさがっていたら
日本の未来は明るくないと思う、今日この頃。

スポンサーサイト
Oh!My デジカメ
2005年09月27日 (火) | 編集 |
050928-2.jpg050928-3.jpg
犯人は誰だ!

結局、月曜日にメーカーに持って行かれたデジカメちゃんは
治療費約1万3千円という診断を受け、そのまま自宅に戻ってきたのでした。
愛着はあるけど、既にひと昔前の代物となってしまっていたデジカメちゃん。
う~ん、う~ん、どぼちよう。

携帯が無いより、デジカメが無い方に不便を感じるなんて
どういう生活をしているんだろう、お前はカメラマンかと自ら突っ込み。

朝起きた時1番に目に入ってくる北の大空とか
お店の前のニセアカシアの移り変わりとか
本当の兄弟のようにくっつきあって眠る愛猫達とか

この前の層雲峡みたいな壮大な自然ばかりじゃなくて、
日常のワンシーンを切り取るのが、私の生活の1部になっているのかも。

人生初のデジカメ。
愛着もあるし、あのボッコリと大きなデザインそれもまた良し。
でも、持ち運ぶにはちょっと重くて大きくて、
でもって、マクロ撮影と普通の撮影の差があまり感じられない変わりモノ。

う~ん、う~ん。入院治療か、世代交代か・・・
層雲峡渓谷
2005年09月26日 (月) | 編集 |
昨日はヒデと一緒に、大雪山国立公園層雲峡 へ秋を満喫に行きました。


見事な秋晴れの下、たくさんの観光客で賑わう層雲峡。
ロープウェイに乗って黒岳の7合目まで行くことにしました。
050926-2.jpg

満員御礼のゴンドラの中、目の前に広がる広大な地球に思わずため息。
「写真撮っとこ」 と、意識不明の重体なデジカメに代わり携帯のカメラで

チロリロリ~ン!

意外とゴンドラの中って皆さん静かなんですね。
写真を撮る度に、シャッター音のチロリロリンがゴンドラ内に響き渡っていました。

そんなこんなの7分後、標高1984m黒岳の7合目に到着。
ちなみに紅葉って、この黒岳が最初で、そこから南下して行くんですって。

[READ MORE...]
ガイコツと天使
2005年09月25日 (日) | 編集 |

ハナ、あごにお水がついてるよ。

昨日体験レッスンを受けに行ったバレエスタジオ、
何に驚いたかって、ガイコツと天使が共存してたんですよ。

天使はなんとなく分かるんです、バレエのイメージとして。
あんなにたくさんの天使がディスプレイしてある教室も初めてですが。

でも、ガイコツ・・・キラキラと綺麗な教室にガイコツ・・・
ガイコツの等身大の模型が、スタジオに置いてあったんです。
側のレッスンバーには、恐らく足と思われる骨が無造作に掛けられてました。
やるなあ~。

天使とバレエ。ガイコツとバレエ。

どっちがしっくりくるかといえば、そりゃ前者なんでしょうが
あの骨格標本は、バレエにおける体の使い方を説明する為に
あそこに置いてあるんだと思います。残念ながら今回は出番ナシ。

そのお教室では、特に腹筋と足の筋肉の使い方を重点的に
とても丁寧に体の使い方を教えて貰いました。

最初のバーレッスンでかなり体をぎゅうぎゅうと絞っていったので
バーを持つ最初と最後では、ちょっとおしりが小さくなってました。
ような気がしました。

その後は、センターでガイコツと天使に見守られながら飛んだり回ったり。
タップも楽しいけど、バレエも楽しい。なんか心がワクワクする。
下手でもその気になってくるから、やめられませんな~。

ということで、来月からそこのスタジオに通うことに決めました。
毎週土曜の夜に、私は天使とガイコツに会いに行きます。
待っててね、ガイコツ!
うそでしょー!
2005年09月24日 (土) | 編集 |
部屋の電気をつけて1番最初に目に飛び込んできたものは
床に落ちたデジカメと、そのデジカメから飛び散った電池でした。

「うそでしょー!」

朝出かける時は棚の上にあったデジカメが、何を思って決死のダイブを?
あまりにも突然の惨劇に呆然とした私に出来ることは、
飛び散った電池を集めそれを再びデジカメに戻してやることでした。

「あれ?1本足りない」

4本あるはずの電池が3本しかない・・・
でも私は知っていたのです、その電池の行方を。

「たいていね、こういう所にあるんだから」

床にはいつくばって冷蔵庫の下に手を入れたその指先に
ひんやりとした最後の1本。ほらね♪

いやいや「ほらね♪」じゃなくて、デジカメ動かないよ!
せっかく日曜日は紅葉を撮りにどこかに出かける予定だったのに~!
うわあ~~~~~~ん!お願いデジカメ、目を開けて!

と、電池を充電したり、メモリーカードを差し直したりしたけれど
再びデジカメが目を開けてくれることはなかったのでした・・・


こうやって私達が仕事そっちのけで、空を眺めて写真なんか撮ってる頃
うちでは愛猫3匹による何かが繰り広げられ、
その抗争にデジカメが巻き込まれてしまったのでしょうか。
これは遊んでないで仕事しろという、パンの神様の戒めなのでしょうか。

ああ、パンの神様ごめんなさい、ちゃんと働きます。
だからお願い!デジカメ直して~~~~~~!!!
こどもその2
2005年09月23日 (金) | 編集 |
昨日の朝の空。

北海道の空はいつも広い。何でこんなに広いのかと不思議に思う。
私の故郷の岡山だって、私が頑張った東京だって、
頭の上に広がる空の大きさは同じなはずなんだけど。北海道不思議。

また見てしまいました、子供が出来る夢。
前見たのは 他人事みたいに明日出産な夢 でしたが
今回はお腹も大きくてもうそろそろ産まれるよって夢。
やっぱり喜んでました、自分。

お店でお客さんに「お子さんは?」と聞かれることもなくなって
「ほっといてちょーだい、それぞれ事情があるんだから」と
心の中でぼやかなくても良くなった今日この頃。

常連のお客様、只今妊娠3ヶ月目。
「手足生えてきました?」と聞いたら
「生えてきたみたいですよ、でもやっぱりまだ魚類って感じ」
雪の頃には、魚類から間違いなく人類になってるでしょう。

このお客様が夢の中に登場。
陣痛始まってもう産まれそうだと、車で病院に運ばれてました。
今度お店に来られた時、その話してみよっと。

最近、結婚してるけど子供のいない夫婦に話を聞いてみたくて仕方ない。
「あなたは何故、子供を作らなかったのですか?」
とてもプライベートな質問だから、さすがに実行には移せないけど
もし答えて貰えるのなら本当に聞いてみたい。

聞いて、そして私は少し安心したいのかな。
それとも、まだ心のどこかで諦め切れない思いを断ち切りたいのかな。
そんな思いがあるとは思わないけど、ないとも言い切れないから。

あ、そうか。
そう言えば昨日考えたわ、子供のこと。
やっぱり無理だなって。
だからって、その夢を夢の中で叶えてもらわなくてもいいんだけどな。
ラティーネのケーキ
2005年09月21日 (水) | 編集 |
ラティーネのケーキが食べたいッ!

東京に住んでいた時、近所にあった小さなケーキ屋さん。
それが『ラティーネ』です。

 050920-2.jpg
これは私のイチオシ 『ヴェルテ』 。  こちらはヒデのイチオシ 『抹茶』 。

ヴェルテはいわゆるモンブラン、栗のケーキなんですが
上に塗ってあるクリームの上品な味、中のクリームの華麗な舌触り、
大きな栗は喜びを、そして下にはマカロン生地でさっくりと・・・
ひとたび口に含んだ途端、夢の世界にいざなわれます。

抹茶は、口の中に入れた途端「抹茶だ!」と目を見開かずに入られない
まさにあの抹茶を食べているかのような濃厚さ。
スポンジの深い緑が、抹茶を極めたクリームと共に口の中でとろけて
甘さを控えたその味は、まさにキングオブ抹茶ケーキ。

んもう、めちゃめちゃ美味しいんですっ!
ここのケーキに出会った為に、北海道に来てからというもの
私達の心を満たしてくれるケーキに出会うことが出来ません。
罪作りなケーキ屋さん、ラティーネ。

ああ~~~ラティーネのケーキが食べたい~~~~~~~!!!
ちょっぴりため息
2005年09月19日 (月) | 編集 |
「う~ん・・・要練習ですね」
腕を組んで節目がちにもう1度 「うん、そう・・・要練習ですね」

難しいな~人に教えるのって。
どうやったら上手に踊れるようになるんだろう。
どうやったらかっこよく踊れるようになるんだろう。
ダンス経験の浅いみんなが、少しでも輝いて見えるには
どうしたらいいんだろう。

私は体型的にダンサー向きではないし、技術もそこそこです。
私より上手くステップ踏んで踊れる人は、たっくさんいます。

でも私には、ここだけはみんなに負けないぞという秘密兵器があって
それは何かと言うと、表情なんですよね。
だてに何年も役者の勉強してきたわけじゃないぞー!じゃないけど
目ぢからでアピールするというか、「カモン!」 みたいな。

初めて、物凄く至近距離にいる観客の前でメインで踊った時は
あまりの緊張に目ぢから炸裂してしまい
「顔で踊ってたよ」と言われる始末。
さすがにそれは反省しましたが、でも表情は私の武器だと思っています。

それぞれの良いところをアピール出来るようにしてあげたい。
でも、悠長にそれを引き出している時間も、正直あまりない。
それよりなにより、とりあえず振り付け覚えて下さい、
要練習ですねって、こんな感じ。

楽しく躍らせてあげたいけど、その為にやることはいっぱいあって
その為にやることって、結構しんどいことだったりする気もする。お互いに。
残り10回、どうやって向かって行くのか、私にも分かんないなあ。




夢に・・・
2005年09月18日 (日) | 編集 |
いきなり、私のブログペット ほんにゃか に言われました。
「夢に行き詰まったブログ!」
なんじゃそりゃーーーーーーー!!!

はあ~なんて夢も希望のかけらもないご発言。
ほんにゃかは時々とんでもないこと言って、私を驚かせます。

「一緒に詐欺できる友達ほしー!」
ほしー!じゃありませんっ!なんてこと言うんだ、このコは。
しかも屈託のない笑顔で。そんな友達、お母さん許しませんヨッ!

で、ちょっと考えてみました。私と夢の関係。

私にとって夢とは、やっぱり寝てる時に見てる映像のことなんですよね。
「私の夢は○○になることです」とか「夢は○○をやること」とか
そういう言い方した記憶、ほとんどありません。

「○○になりたい」「○○をやりたい」
そう思ったら、その的に向けてビュンと矢を射る、私は射手座。
夢というなんだか夢のようなキラキラッとしたものではなく
現実の獲物として狙いを定め、キリキリ弓をしならせるわけです。

ということで、じゃあ今の私の目標はなんだろかと考えてみました。

ん~・・・なんだろう。
「お店を繁盛させること」かなあ。
いや、ま、確かにそれはそうなだけど、なんかもっとこうないのかしら、
「夢」のある目標って。こう、キラキラしてるもの。

ははーん・・・何となく分かってきたぞ~。
何で私がお店のことを考えると、頭がふにゃふにゃしてくるか。
あ、なるほどね、そういうことか!

いや、全くほんにゃかの言う通りだったかもしれない。
そうねそうね、夢っていいよね。
サンキューほんにゃか!でも詐欺のできる友達は許しませんヨ。


これはトキ。
リラックスタイム
2005年09月17日 (土) | 編集 |
1日の中で、私の心休まる時間・・・それはバスタイムです。
ほかほかとあったかいお湯の中で、1日の疲れをの~んびり癒し
心も体もリラックス。あ~気持ちいい~・・・

なんてお風呂の時間に憧れています。

実際の私のバスタイムは、ほかほかとあったかいお湯の中で
あ~気持ちいい~・・・と思った次の瞬間には
いろいろ考え事をしています。
お店のこととか、タップのこととか、筋肉と脂肪のこととか・・・
体はくつろいでいるんでしょうが、心はむしろ
あれこれと思いをめぐらし忙しいぐらいかも。ごめんよ、心。
なるほど、どうりで温泉に興味を示さないはずだわ。

じゃあ、私のリラックスタイムはどこにあるんだと考えたら
ちゃ~んとありました!良かったあ~。

私の1日の中のリラックスタイム。それは、
『洗顔後に化粧水をつけている瞬間』
ここです!化粧水をつけている約2~3分程の間、
その瞬間が、身も心もリラックスしていることに気が付きました。

短いな~。


きっと彼らは、リラックスの天才。
本日臨時休業
2005年09月16日 (金) | 編集 |

秋の雲は涼しげな形をしているなあ。
綿飴って、最初はこんなすじみたいな飴から作るんだよね。
うちの方では、綿飴じゃなくて綿菓子って言ってたなあ。

そんなこんなの、すがすがしい秋晴れの日。
ねこ村パン屋、本日臨時休業でした。

「アキごめん。やっちゃった・・・」

木曜の夜、サッカーの練習から帰って来るなりヒデの衝撃発言。
「何をやったの」
「ジャンプして着地の時に転んで、手を付いて」

なんと!あなた商売道具の左手首を痛めているではありませんか!
「お尻から落ちてれば良かったのに、とっさに手を付いちゃったんだよね」

速攻氷で冷して、帰ってからは湿布も貼って安静にしていたけど
結局朝になっても握力が戻らず、臨時休業。
予約のパンがあったので、それだけは私もお手伝いして仕込んで
そのままヒデは接骨院に治療に行きました。全治2週間の捻挫。

外はカラッと良いお天気。
久し振りに、外に、洗濯物やら布団やら干せるものでは何でも干して
思わぬお休みを満喫することにしました。

太陽の陽射しをいっぱいに浴びた布団は、パリパリ言っていて
猫達もたまらん~とばかりにパリパリ布団でス~ヤスヤ。
お客様には迷惑かけたけど、こんなのんびりしたお休み、何ヶ月ぶりだろう。

どちらかがダウンすると代わりがいない私達の仕事。
もちろん健康管理もしっかりしなければならないけれど
不意の怪我にも気をつけなければならないことを学びました。
特にアキは調子に乗りやすいから要注意だわ。
結婚記念日
2005年09月15日 (木) | 編集 |
9月15日は、ねこ村夫妻5回目の結婚記念日です。
2000年9月15日、私達はウエディングパーティを開きました。

既に同じ年の2月には入籍を済ませており
本当は結婚式をするつもりも予定もなかったのですが
これも親孝行のひとつということで、急遽、式を挙げることになったのです。

幸い、徒歩15分ほどの場所に素敵な一軒家のフレンチレストランがあり、
そこではレストランウエディングもやっており、
たまたま9月15日だけが空いていて、お値段もお手頃ということで
そこのレストランを借りてパーティを開くことにしました。

つもりも予定も時間も、もちろん予算もなかったので
思えば、この時から『ねこ村手作りライフ』は始まっていたのかも。

手作りで出来るものはひたすら手作り。
その当時はプリンターなんて便利な機械も持っていなかったので
案内も席次表もプログラムみたいなのも、とにかく何でもかんでも
1枚ずつ1つずつ、せっせせっせと手作りしまくりました。
いや~今思い出しても大変だった。当日の朝までやってた記憶が・・・

ヒデの友人にパンを焼いてきてもらい、誰がどのパン焼いたかクイズをしたり
私の友人にタップを披露してもらったり、また一緒に楽器演奏したり、
牧師も司会も受付もヘアメイクもカメラマンもちろん友人知人にお願いし、
ひたすら手作り、ハンドメイドウエディング。

そう!お金がなくったって、アイデア次第で世界は楽しいことだらけ!
ビバ!ノーマネーライフ!なんちゃって。

私達はお金に不自由のない生活を送っているわけではありませんが
でもこの笑顔で分かるように、とっても幸せな毎日を送っています。

遠く離れたおとうさん!おかあさん!お陰さまで今日も幸せですよ!
きのこ王国
2005年09月14日 (水) | 編集 |
この前の日曜日、ヒデと大滝村の きのこ王国 に行ってきました。
北海道に移住して間もない頃のドライブから、よく立ち寄っている道の駅
フォーレスト276 の隣にあるきのこ王国。
今回は恵庭渓谷を回って行ってみました。

途中、 ラルマナイ自然公園 に寄り道。
050912-1.jpg
ラルマナイの滝と
050912-2.jpg
白扇の滝です。

ナイアガラ大瀑布のような迫力満点の滝も良いですが
日本の滝は繊細で美しくて、見ていると心が落ち着いてきます。
侘び寂びの心を持つ日本人に生まれて良かったと思える瞬間。
あと1つ、三段の滝というのがあるのですが、
もう日も暮れかかりきのこが心配だったので、今回はスルーしました。

[READ MORE...]
ヨウコさんの理由
2005年09月13日 (火) | 編集 |
タップダンス教室に新しい生徒さんが増えました。
皆さん毎回笑顔で参加され、いい汗をかかれています。
発表会のクラスは、生徒さんも私もいっぱいいっぱいなので
和やかにマイペースに進められる初心者クラスは、私の心の清涼剤です。

みなさんに「何故タップダンスなんですか?」と尋ねます。
「タップってマイナーなダンスだよな~」と常日頃思っているので
何故そんなタップを始めてみようと思ったのか、興味津々なのです。

ヨウコさんの理由は、他の方達とちょっと違っていました。

数ヶ月前、職場の移動で札幌に引っ越してこられたヨウコさん。
新しい友達を作る機会もなく、職場にもなかなか打ち解けられずにいて
なんとなく「このままではダメになる」と思っていた矢先、
とあるパン屋でタップダンス教室のチラシを目にしました。

これで人の輪が広がるといいな。

そして養護学校の職員として働くヨウコさんは
上手に踊れるようになったら、子供達の前で踊って喜ばせてあげたい、
そうも思われたそうです。

大抵の方が「タップが好き」「ダンスに興味がある」と答える中
ヨウコさんのような理由でタップに関わる方とは初めて出会いました。

誰かの笑顔の為に踊りたい。
ヨウコさんの夢が叶えられるよう、私も頑張ってお手伝いしたいです。

大丈夫!
なんといってもタップダンスは、踊っている人と観ている人、
どちらも楽しい気持ちになれるサイコーにハッピーなダンスなんだから!

050913-2.jpg 050913-1.jpg


ナチュラルボーン
2005年09月10日 (土) | 編集 |
今度はちゃぶ台に大胆にもハナ。
050910.jpg
本当は、上がっちゃダメでしょと注意しなきゃいけないところ、
あ~陽だまりで気持ちがいいんだろうな~カワイイな~
あ~ふかふかしてて気持ち良さそうだな~カワイイな~
写真撮っちゃろ、とダメダメ飼い主。ヒデいないからいいか。

数えてみたら、ダンスの発表会まで残された練習はあと13回。
それに気がついた途端、胃の辺りがキリキリシクシク・・・
そして気が付いたのは残りの回数だけではなく、
胃がキリシクしている自分を楽しんでいる自分がいることでした。

実際、この先本番までのことを考えると心休まる時あらず。
ところがワタクシってば、こうして自分を追い詰めることで
テンションを上げているらしいのです。どうやら。
追い詰めて、感覚を鋭くしぼっている感じ。
・・・マゾ?

まあ、オシリに火がつかないとエンジンかからないという
ナチュラルボーンナマケモノの性質が最大の要因なんでしょう。
生徒さんに飛び火しないよう、気をつけなきゃ。
最終的にみんなが楽しい気持ちになれるよう、ガンバリマス。
おばか~~~~~!
2005年09月09日 (金) | 編集 |
「天然酵母を使ったパンありますか?」
ねこ村パン屋は、いわゆる天然酵母は使っていません。すると
「バターと牛乳とイーストを使っていないパンはありますか?」
ねこ村パン屋は、全てのパンにイースト菌を使っています。すると
「分かりました」とその方は去っていかれました。

バター・牛乳は分かるけど、イースト未使用って、
イースト菌アレルギーでも持ってるのかしらどうかしら。

もし、もしもしも、もしももしも、
天然酵母は体に良くてイースト菌は体に悪いと思っているなら
それは、おお~~~~~~~~きな間違いでござる。

天然酵母じゃない。カナダ産小麦も使っている。そう聞いただけで
「ああ~」って顔して立ち去る方、時々いらっしゃいます。
そんな時私は軽く悔しい気持ちになります。
どうしてそんなに不正確な情報に踊らされてるんだ。
そんな情報のせいで、美味しいパン食べる機会逃すなんてもったいない!

納得出来なくて、閉店作業しながらヒデと話をしました。
天然酵母とは何ぞや。イースト菌とは何ぞや。
どうしてパン屋は天然酵母をうたい文句にするのか。などなど・・・

以前もこういう話をして、その都度ヒデから色々教えて貰いました。
企業に勤めている時「製パン理論」というのを勉強したそうで、
普段はちっとも的を得ない問答をしているヒデなのですが
パンの話になると、別人のように的確&理論的に答えてくれます。

そんな時私は「ヒデカッコイイ~」と思うのです。
プロフェッショナルに強い尊敬の念を持っているワタクシ、
専門的なことをいとも当たり前に見せ付けられると、ノックアウトです。

こんなにかっこいいプロフェッショナルが作っているパンなんだから
安心安全美味しい嬉しいのに決まってるじゃん!
なのに、天然酵母だの国産小麦だの曖昧な健康志向にとらわれて
おばか~~~~~~~~!・・・って叫べたらなあ・・・。


大胆不敵にちゃぶ台の上で引っくり返って寝るユメ。

雨風の中で
2005年09月08日 (木) | 編集 |
050908.jpg

台風の後の雲って物凄い質量。
力強くて雄々しくて、ぽわわわとしたのどかな秋の雲とは正反対。
ごうごうと流れる音が聞こえてきそう。

昨日はそんなごうごうした中、お店を開けました。
ここは北海道。雪より台風の方がお店を開けるの不安です。
こんなお天気で、どれだけのお客さんが来てくれるんだろう。
正直、お店を閉めてうちにこもっていたい気分・・・

そんなお天気にもかかわらず、足を運んでくださるお客様。
雨と風の合間を上手に縫って来られる方。
びしょぬれになって、雫をたらしながら来られる方。
そういうお客様を迎える度に、開けてて良かったと思います。
心から感謝の気持ちでいっぱいになります。

美味しいパンとちょっとしたおもてなしの気持ちで
嬉しい気持ち・楽しい気持ちになって貰いたいと思っているけれど
実のところ、そういう気持ちにさせて貰っているのは
私達の方なんだなあとしみじみ感じます。
お客さんがいるから、元気になれるし笑顔もあふれる。
毎日どれだけたくさんのエネルギーを貰っているんだろう。

もちろん、ワタクシめも人間でございますから
波長が全く合わなかったり「カッチーン!」とくることもございます。
でもそういう時も、最後は心から
「ありがとうございました!またお越しくださいませ!」
そう言えるよう、日々反省学習の繰り返しなのでございます。

今日もたくさん元気と笑顔を頂きました。
明日はそれを私達がお返しする番です。いい仕事だなあ・・・。
バレエのレッスン
2005年09月06日 (火) | 編集 |
ということで、早速行ってきました。クラシックバレエのレッスン。
久々の鏡張りのお稽古場。久々のレオタード。
やっぱりやばかったー!足太かったー!

毎日10時間以上の立ち仕事で、そりゃむくんでもくるわけだし、
何十kgの体重を支えてくれてるわけだし、それなりの筋肉も
必要って言えば必要だけどもさ、でもなんなの、あのごっつい足は。
ロマンチックなお姫様は一体どこーっ?!

レッスンは、簡単なストレッチから始まり、バーを使ってのレッスン、
バーから離れてフロアでのレッスンと、まさにバレエレッスンの流れ。
ああ、なんだかちょっと嬉しい。ちょっとお姫様な気分かも。

と、ロマンチック気分にひたれたのもほんの一瞬。ホントに一瞬。
ひとつひとつの動きが終るたびに、出るのはため息?「はぁ~・・・」って。
うわあ~体が重い・・・特に足が重い。やっぱり足か~。

何をするにも、地球の重力を感じずにはいられなかった1時間30分。
でも、嬉しかったです。出来なくても嬉しかった。
やっぱり私バレエ好きなんだなあ。
ここの教室に通うかどうかはまだ未定だけど、続けたいです、バレエ。
華麗でストイックなお姫様目指して!


華麗なお姫様を後姿でストイックに演じているアキ。
クラシックバレエ
2005年09月05日 (月) | 編集 |


暑かった夏も終わり、そこかしこに秋色が目立ってきました。
朝夕は上着がないと肌寒さを感じるようになって
お店には、パンを求めるお客様が増えてきて
定休日のお店の看板では、トンボが1匹、店番してくれていました。

願い叶ってと言うか、成り行きでと言うか、
クラシックバレエのレッスンを受けに行くことになりました。
ええぇぇーーーーーアキがクラシックバレエェェ?!
ハイ、バレエです。これでも数年のキャリアがあるのです。
ただし大人になってから習い始めたので、踊る姿はハッタリです。

もともと強い憧れがあったわけではなく
ダンスの基礎を学ぶために始めたクラシックバレエ。
あの「自分の体の限界に挑戦」みたいなストイックさが良いのか
それとも「ワタシお姫様♪」みたいなロマンチックさが良いのか
気付いたら、タップと同じぐらい好きになっていました。

今回発表会で久々に舞台で踊ることになったので、
またロマンチックなお姫様気分でストイックに限界に挑戦してみます。

まあ何が怖いかって、翌日・・・翌々日?の筋肉痛でもなければ
初めての場所に車で1人で行く不安でもなく
鏡に映った自分のレオタード姿を直視することでしょう。ガンバリマス・・・
休みの前の夜は
2005年09月04日 (日) | 編集 |
明日は定休日。
閉店作業終了後、ヒデとお店でお喋りしました。

私達の出会いは、東京のとあるパン屋でした。
ヒデは社員でパンを焼き、私はアルバイトでパンを売り、
しかし最近、そのパン屋は倒産してなくなってしまいました。
そこでたまたま出会った2人は、今北海道で小さなパン屋をやっています。

初デートは釣りでした。
その時はまだ、意識することもなければ名字で呼び合う間柄。
初デートと言うには、もしかしたらちょっと違うのかもしれません。
ただ、お互い何かを感じるきっかけになったのは事実のよう。

高校時代、ヒデは商業に、私は進学校に進みました。

中学3年、ドラマ張りの反抗期だった私は、スポンサーである我が親に
「絶対ここの高校しか受験させない!」と言われていました。
受験間近の最後の模試で「これなら何とか補欠で入れるかも」な状況下、
知能ではなく運と度胸で勝ち取った高校合格。
もちろん入学後から、追試再試再々試のオンパレード。

でもまさかヒデが、「女の子がいっぱいいるから」という理由で
商業を選んだとは知りませんでした。こんにゃろー。
なのに何故か進学した商業は男子校。その辺の理屈はよく分かりません。

知ってることも知らなかったことも、過去のこともこれからのことも、
その後ファミレスに場所を移し、軽い食事をとりながら
猫達のご飯を気にしつつ、これは何回目のデートなんだろうね。
休みの前の夜は、こうしてデートもいいもんだね。

050904-2.jpg050904-1.jpg
校長先生
2005年09月02日 (金) | 編集 |
昨日も昨日で、せっせとタップの自主練習をしました。
前の日出来なかったことが、出来るようになったとまではいかないけど
少なくとも前の日よりはちょっと出来るようになってて、ヨッシャー!

朝洗濯をしながら、やっぱり継続は力なんだなあと思っていたら
思い出しました、高校時代の校長先生。

高校の入学式。
校長先生は、ピカピカの1年生達におもむろに切り出しました。
「姓は小林、名は正!」

あまりにインパクトのある自己紹介のお陰で、
小・中学校時代の校長先生は全く覚えていないけど、
小林校長先生だけはその風貌までしっかり覚えています。

部活動していると、ピューッとママちゃりを駆ってどこかに行かれる先生。
「こんにちわ!」
挨拶をすると気さくに手を上げて答えてくれる、姓は小林名は正校長先生。

その校長先生が、入学式で話してくれたこと。
それが「継続は力なり」でした。
この言葉そのものはどこでもよく言われることなので
特別目からうろこが落ちることはありませんでしたが、
校長先生から言われたこの「継続は力なり」は、ずっと心に残っています。
姓は小林名は正と共に。

先生、やっぱり継続は力なりみたいです。
いい言葉ですね、勇気が出ます。
先生、お元気ですか。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。