自営業ヒデ&アキ+甘えん坊愛猫3匹の北海道生活満喫ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なでしこ五輪決勝
2012年08月10日 (金) | 編集 |
nad001-jlp13121050.jpg

こういう場合、

「銀メダルおめでとう!」

って言うのがいいのかどうか、
金メダルを目指して戦ってきた選手たちに対し、
私はよく分からないのだけど、
試合直後、泣いている選手たちを見て、
選手たちの届かなかった悔しさに、
私の残念な思いなんてどうでもいいくらい、
なんか、泣けた。

なでしこの選手が、試合に負けて涙する姿を、
多分私は初めて見たんだと思う。

でも、今は、
お疲れ様の拍手をいっぱい送りたい。
おめでとうがいいかどうか分からないから、
お疲れ様と、ありがとうの拍手を。


nad001-jlp13120347.jpg

大儀見選手のシュート直前。
その前のゴール前の澤選手もすごくカッコよかった。惚れた。

大儀見選手、W杯ではあまし好きじゃなかったのが、
この大会とそこに至るまでの試合の中で、好きな選手になった。

nad001-jlp13120353.jpg

宮間あやキャプテン。岡山湯郷Belle所属。
準決勝と決勝の、試合後の宮間の涙が胸にぐわんと響く。
お疲れ様。本当にお疲れ様。お疲れ様でした。

いつから宮間選手を好きになったかは分からないけど、
気付いたらすんごい好きになっていて、
試合中も宮間選手の動きを追うことが多かった。
ああ、あれだな、思い出した、
最初にこの人好きと思ったのは、W杯で見た人柄にだったんだ。
プレースタイルどうこうは全く分からなくて、まず人柄に惚れたんだ。
それから、すごい才能の持ち主だっていうことも分かるようになってきて。
澤さんとはまた違ったタイプのなでしこのキャプテン。

nad001-jlp13120987.jpg

澤さんが、自分がユニフォームを脱いだ後は、
絶対あやに10番付けてほしいって。


1年前は、まだ選手の名前なんてほとんど知らなかった。
今は、ピッチに立っている姿を見れば誰だか分かるようになった。
誰がどこのポジションで、特徴はどうでとか、
そういうのも少し分かるようになってきた。
これからも、もっともっと、なでしこを応援していきたいと
今日の涙を見て本当に思った。

お疲れ様でした!

ありがとう!



スポンサーサイト
なでしこ五輪予選対スウェーデン戦
2012年07月31日 (火) | 編集 |
7月28日に行われた予選第2戦は、スウェーデンとスコアレスドローに終わりました。

負けなかったけど勝ちたかったので、その残念な気持ちは翌日まで尾を引いていました。
私にしては珍しい感情。
それぐらい、なでしこへの思い入れは強いってことですね、そうだそうだ。

何度も得点チャンスがあって、でも決めきれず、
後半ぐらいから、「これはきっと引き分けるんだろうな~」という気持ちになっていました。
点を取られそうな気は全然なかったです。
ヒデと一緒に試合を観ながら「スウェーデン、そんなに上手くないよね?」と
お前が言うなみたいな感想を持っていたので、
カウンターでバンバンシュート打たれても、大丈夫な気がしていました。
ただ、日本も点取れそうな感じがしなかった・・・

でも、この試合では私のイチオシFW岩渕真奈選手が後半から出場して、
それがすごく嬉しかったです。

nad001-jlp13002068.jpg

最年少19歳。
前回のW杯にもちょこっと出ていましたが、
ケガの影響もあってあまり代表戦で見ることがなくって、待ちわびていました。
ヒデも「うまいね~柔らかいね~いいね~」と褒めちぎり。
たまに「行け!そこは自分で行け!あ~パスじゃないでしょ~」とか言っていましたが、
まあ、これからですよ、彼女の活躍は。まだまだです。

何が好きかって彼女の負けん気が私は大好きです。
あとちっこいところ。
私もそんなに大きい方ではないので、背の低い人はことさら注目&応援する傾向が。
でも、私より小さいんですよね、真奈ちゃんは。2cmぐらい。
なので、170cmとかの選手にぶつかられると吹っ飛んでしまうのは仕方ないですが、
彼女はきっとそれを補うだけの才能があると確信してます。
サッカーのこと全然分からないど素人だけど岩渕ファンだから。

あと、後ろに写ってる田中明日菜選手もこの試合はとても良かったでした。
正直、ここ数試合の彼女のボランチっぷりはあまり小気味良くなかったので、
「どうなん?明日菜はどうなん?」と疑問符だったのですが、
この試合はテンポ良くボールをまわしていいリズムを作っていたなと思いました。
ええ、サッカーど素人のワタクシが発言させていただいております。
澤さんの代わりとはなかなかいかないと思うけど、
田中選手には田中選手の持ち味で中盤を上手くコントロールしてもらえると幸せです。

そしてこの試合でも不調だった宮間選手。
味方じゃなくて敵にいいパス送るようなシーンが何度も・・・カナダ戦から・・・
宮間選手が本来の調子を取り戻せば、他の選手もより良い動きができそうな気がするけど、
人間だもの、こういうのもあるでしょう、だから待ってます。
今晩は、予選最終試合対南アフリカ戦が控えています。
多分先発出場するだろうと思いますが、先発出場するとして、
宮間選手の復活と活躍を祈ってカナダ戦でのかっこいい画像を。

nad001-jlp12984047.jpg

あと楽しげな画像も。

nad001-jlp12983919.jpg

大儀見ちゃんも頑張ってね!


なでしこ五輪予選対カナダ戦
2012年07月26日 (木) | 編集 |
なでしこ、五輪予選初戦勝利!

soc12072603300024-p3.jpg

岡山湯郷Belle所属、なでしこのキャプテン宮間あや選手。
私の中では女ピルロと勝手に呼ばせていただいております、
なでしこの中でも1番好きな選手です。

深夜1時という見られないでもないじゃんという微妙な時間にキックオフで、
しかし次の日の仕事の事を考えるとライブで応援することはちょっとキツイだろうと、
ごめんなさい、寝ました。

でも寝る前にいっぱい「なでしこ勝ちますように」とお祈りしておきました。
そしたらヒデに、「そんな祈らなくても勝つよ」と言われました。
だって何かしておかないと落ち着かなかったんだもん!

4時半前に目が覚めた次の瞬間、携帯で結果をチェック。
なでしこの勝利を知ったときは、今日1日の幸せが約束されましたね、ホント。
そして、なでしこ2点目を決めたのが私の宮間選手だと知ったときには、
興奮で鼻血がすぐそこまで出てきそうになりましたね、ホント。

今日は仕事の後バレエのレッスンに行って、
帰ってきてからヒデと一緒にこのカナダ戦を見ます。
めっちゃ楽しみ!めっちゃ楽しみ!

なでしこのみなさん、初戦勝利おめでとうございます!!!


澤バロンドール穂希
2012年01月10日 (火) | 編集 |
澤さん、バロンドールおめでとう!!!

sawa.jpg

美しいわ~大和撫子。
でも、もっと澤さんの表情がはっきりする画像を見つけたかった。

ヒデは、「絶対澤だよ、澤じゃなかったらおかしいよ、十中八九澤だよ」
ってずっと言ってたけど、
「でも十中一二が選ばれる可能性だって残ってるわけでしょ」
と、私はどうしても澤さんに獲ってほしかったから、
ほしかったからその気持ちの裏返しで、ネガティブなことばっかり考えてました。
発表のことを考えてたら、すごくどきどきしてましたよ。

だから朝、澤さんが最優秀選手に選ばれたと知った時は奇声を発しましたね。
すっごく嬉しかった!おめでとう澤さん!ステキ!

最終選考に残っていたアメリカのワンバック選手。

wanbak.jpg

「沢選手が受賞したことに興奮した。日本は今晩受けたすべての賞に値すると思う。
 日本は世界王者だし、沢選手も最高の選手であることを証明した。彼女のことをとても誇りに思う」

嬉しいコメント~胸が熱くなるわ・・・。

女子最優秀監督には佐々木則夫監督。

sasaki.jpg

監督、タキシード似合ってます。
ダンディなのに笑うとすっごくキュートなんですよね。
去年、札幌ドームでお会いした時にはテンション上がりました。
勝手にスタンドから見てただけですけど。

クラブW杯で一躍私がファンになったネイマール選手はプスカシュ賞。

neimaru.jpg

プスカシュ賞・・・って言うんだ~ヒデも知らなかったよ。
ネイマール、かっこいい。ステキ。
ちょっと不思議なリズムで走る、あれはなんなんだろうね。
彼独特の走り方、何か彼なりの何かがあるんだろうね。

メッシは3年連続の受賞だそうで。24才なのに。すごいな。

3.jpg

こうやって笑顔で握手してるけど、メッシ、きみ、
この前のクラブW杯で無理矢理日本のテレビのインタビューを受けさせられてた、
あの場に澤さんがいたの、全然分かってなかったでしょ。
あのインタビューは、さんまさんだけじゃなくて日本のテレビ局の失態だよね。
まあ、このおめでたい場所では全く不要な話題でした。

なでしこのおかげ・・・と、高校の同級生かんちゃんのおかげで、
去年はそれまでよりサッカーに興味を持つようになりました。
スタンドの雰囲気が苦手なので、生観戦に行きたいとそこまでは今は思わないけど、
こうして興味を持つものが増えて、その分人生に楽しいことも増えて、
女子サッカーの皆さんには本当に感謝です。

それから、日本サッカー協会のフェアプレー賞受賞も素晴らしい!

4.jpg

小倉会長、ちょいちょい『やべっちFC』でお元気な姿拝見してますよ。
ペレの隣にいると、澤さん子供みたいだ。

なでしこたちに、日本のすごさ、日本人の素晴らしさを、教えてもらった気がする。
日本人で良かった!
よし、あたいも頑張るぞ!!!



何が本当か
2011年07月22日 (金) | 編集 |
■熊谷選手がツイッター騒動を謝罪 「監督批判は事実ではない」

サッカーの女子ワールドカップ(W杯)で優勝した「なでしこジャパン」のDF熊谷紗希選手(20)が出席した私的な祝勝会での会話や写真が、同席した男子学生によって簡易ブログ「ツイッター」に投稿された問題で、熊谷選手は22日、報道陣の前で「自分の軽はずみな行動が今回のことを招いてしまった」と謝罪した。

 熊谷選手は同日午後、市長の表敬訪問のため訪れたさいたま市役所内で報道陣の取材に応じ、「メダルを軽く扱ったように思わせてしまったことを反省している」と謝罪。一方で、熊谷選手が佐々木則夫監督について批判したり、男子学生が熊谷選手の携帯電話に保存されていた同僚選手の上半身裸の写真を見たという投稿内容に関しては、「事実ではない。監督は人間としても信頼している。写真も持っていない」と否定した。

 質問に答える中で「監督やチームメートに迷惑をかけてしまった」と涙を見せた熊谷選手だったが、問題の食事会について「最初は友人と食事をするつもりで、他の人が来ることも知らなかった。もう行きません」と“宣言”、最後には気丈な笑顔を見せた。

2011wwc-kumagai1.jpg

ホラね。

なんちゅうか、これでますますツイートした男子学生の立場がなくなってきましたが
まあ仕方ないよね、余計なことしたのは間違いないんだから。
この男子も男子で、今相当大変な思いをしているでしょう。
名前どころか、かなりプライベートなところまで明らかにされている様子ですし。

やっぱりコワイな、ネットって・・・


■佐々木監督「指導不足」熊谷ツイッター騒動を謝罪

サッカー女子W杯優勝メンバーのDF熊谷紗希(フランクフルト)の“ツイッター騒動”を受けて、佐々木則夫監督が22日、都内で会見し、「指導不足に尽きます。関係各位に深くお詫び申し上げます。世界で戦ってきたなでしこへの注目度の変化に熊谷だけじゃなく、選手、私もしかり、対応できてなかった。もっと選手に徹底して言付けておかないといけなかった」と、謝罪した。
 ただ、監督批判や、チームの内情を明かすようなことがあったとされる内容については「私は16歳から熊谷と一緒に活動しているけど、書かれたことについては一切信用してない。熊谷を全面的に信頼してます」と、キッパリ。本人とは21日夕方に電話で話し、事情は確認したという。
 熊谷は20日夜に親しい友人が開催した食事会に参加。同席した男子大学生に短文投稿サイト『ツイッター』で言動などを実況中継され、騒動に発展した。

wwcup.jpg


なんていうか、やっぱりコワイ世の中になったもんですね。

ネット上でなら、何でも言える、普段なら絶対言わない様なことでも平気で言える、
そういう、現実なのに非現実な空間っていうのがネット上にはあって、
そのへんが曖昧になってしまうと、こうしたことがいとも簡単に起こってしまうんですね。

個人的な感想としては、考えれば考えるほど
男子大学生がお粗末くんだったなというところに行き着くんですけどね。
もしかして、ツイッター初心者だったとか?
ツイッターがどれだけ情報を拡散する能力を持ってるのか、知らなかったのかな?
まあいいや、お粗末くんも猛省ね。

恐らくこれでこの騒ぎも一段落つくでしょう。
というか、何で自分がこのことを2回にもわたって記事にしたのか、
我ながらそれが不思議だったりもするんですが。

なんだろ、多分イヤだったんでしょうね、言いたいこと言って騒いでるだけの人達が。
できることなら直接会って「バッカじゃないの?!」って言いたいところ、
それこそそんなの非現実なので、ここでこうして「バッカじゃないの?!」
という気持ちを胸に秘めながら文章にしてるんですよ、きっと。

はあ~そんな自分もバッカじゃないのって思っちゃうんですけどね。
もうおしまい。本当におしまい。


くまちゃんガンバレ
2011年07月21日 (木) | 編集 |
2011wwc-kumagai.jpg

DF熊谷が“ツイッター被害” 宴席での発言暴露され騒動 

 サッカー女子ワールドカップ(W杯)で初優勝した日本代表「なでしこジャパン」のDF熊谷紗希(20)が帰国後、私的な宴席で話した内容が同席した男子大学生によって簡易ブログ「ツイッター」に書き込まれ、インターネット上で騒動となっている。

 ツイッターでは20日、男子大学生が熊谷とのツーショットや、自ら金メダルを口にする写真を掲載。熊谷の監督批判とも取れる発言や、携帯電話に記録されていたチームメートの上半身裸の写真を見せたことをうかがわせる書き込みもあった。

 男子大学生のアカウントはすでに削除されたが、書き込み内容はネット上に広く拡散。掲示板では男子大学生への非難のほか、熊谷の脇の甘さを指摘するコメントも散見される。日本協会の大仁邦弥副会長は「軽率なことをしないよう、当事者と所属クラブに中村修三・女子部長を通じて連絡する。お騒がせして申し訳ない」とコメント。一方で小倉純二会長は「よくそんな時間あったよね。僕なんかすぐ寝ちゃったのに元気だな。大したもんだよね」と擁護した。

 熊谷はチーム最長身(171センチ)のセンターバックで、W杯では全6試合に出場。米国との決勝ではPK戦の4人目のキッカーとして、優勝を決める豪快なPKを蹴り込んだ。7月1日付で、なでしこリーグの浦和からフランクフルト(ドイツ)に移籍した。


私はこの情報をツイッターから知ったんですけど、
いやはやもうなんというか、インターネットってホントコワイですね~。

ツイッターでホイホイつぶやいた男子大学生の行動もそうだし、
学生がアカウントを削除したにもかかわらず、内容がネット上に拡散されたこともそうだし、
現実というか真実というか、そういうのと煽りの区別が多分もうつかないだろうし、
イヤホント、ネットって人の人生を狂わせる要素を本当に持ってるんだわ。

私、ちょっと本当に女子サッカーを応援しようと思い始めているので、
今回の話題に関して何か言うのはやめようと思っていたんですけど、
もうここまで公になってるんだったら、私ぐらいが喋っても全く影響ないかな、と。

ちょろちょろ思うことはあったのですが、どこまでが真実で、
どこまでが独り歩きしている誇張された話もしくは空想なのか分からなくて、
なので、出来事に関してはスルーでいいやって感じです。
本当のことは本人が言わなければ絶対分からないしね。
ここまできたら、8割ぐらいは冷やかしから生まれたデマだと思ってますし。

多分、多分ですけど、
熊谷選手はいつも通りだったと思うんですよ。今までと何も変わらない自分だったと。

だけど、彼女がドイツで頑張っている間、
彼女を取り巻く環境はそれこそ180度変化して、
ただそれを熊谷選手自身が全く認識できていなかった、
ってだけのことなんだなと、私は思ってます。

そりゃそうですよね、女子サッカーの注目度なんて相当低いものだったでしょうから。
今まで普通に生活したりサッカーしたりして、注目なんて浴びてなかったのが、
ドイツ行って帰ってきたら、誰もが知っている有名人に自分がなっていたなんて、
にわかには信じられないし、私でも浦島太郎状態になりそうです。

熊谷選手は、
高い、というより、痛い有名税を払う立場になったんですよ、今回の活躍で。
もしかしたら、あそこでPK蹴ってなかったら、
同じ事態が起こっても、ここまでにはならなかったかもしれないなとも思います。

イヤア~有名になるってコワイわ~。

今回のことであれこれ言う人は、ヒマな人なんだと思いますよ。
そんで、こういうことに便乗していろいろ言うのが好きな人。
ヒマなんですね。

きっと、熊谷選手は少なからず傷ついていると思います。
反省もしているだろうし、後悔もしているだろうし、いろんな人に怒られもしただろうし。
せっかくなので、この騒ぎを乗り越えてほしいです。
乗り越えて、更に心の強い選手になって、自分の好きなサッカーに生かしてほしいです。
ぜひとも!

個人的には、別に彼女は悪いことはしてないと思います。
少なくとも、見知らぬ人にツイッターやら何やらで非難されるほどのことじゃないと。
ただ、少しばかし運が悪かったんですよ、多分。
自分も含めて周りの人間、いろんな人に、ちょっとの気配りが足りなかった、の、かも。
じゃあどこまで気配りできるかって、それもなかなかだとは思いますよ、実際。

ドイツに移籍が決まっているのなら、こうなったらなおさら良かったと思います。
自分がその気になれば、一切の情報を遮断してサッカーに打ち込めるだろうし。
日本に居たら、どんなに防ごうと頑張っても雑音はまとわりつくだろうし。

日本の女子サッカーは、これからなんですよ。
今回のW杯でひとつの歴史を作り、でも戦いはまだまだ続くんですよ。
世界が驚き賞賛した日本女子サッカーの力を、
こんなどうでもいいことで停滞させるなんて、もったいなさすぎです。
反省して学習すれば、それでヨシ!もうおしまい!
こんなことで、熊谷選手の今後の活躍の場が奪われないことを強く願います。

ホント、くだらないことですよ、こんなの。


なでしこに浸り中
2011年07月19日 (火) | 編集 |
思い返したら、またあの夢の世界に・・・

2011wwc1.jpg

この歓喜の表情は、頂点に立った人だけに与えられるものなんだな。
涙じゃなくてはちきれんばかりの笑顔っていうのが、いい。
みんな子供みたいに無邪気で、すごくいい。

この笑顔に裏打ちされた、ここに至るまでの選手たちの努力。
あまりにもみんなが笑っているから、ついうっかりしてしまいそうだけど、
女子サッカーの歩んできた歴史、置かれてきた状況は、全然恵まれていなくて、
サッカーをやる環境も待遇も、男子とは歴然の差。
今回の歴史的勝利で随分改善されるとは思うけど、
それもこれも、選手たちが人生をかけて戦って掴み取ったものなんだよなあ。
本当にすごい。なでしこたちには感服する。

wwcup-fnl.jpg

本選あたりから、ツイッターで選手たちのつぶやきを目にするようになって、
見ていたのはほんの数人の選手のつぶやきだけだけど、
なんとなく「次も頑張りま~す!」みたいなふわ~んとした雰囲気で、
なんというか、男子に受けるガチガチな印象みたいなのを全く感じられなくて、
こっちの「ヨシ!ヨシ!」っていう気合が肩透かし食らうというか、
予想に反してユルい印象だったのが心に残っています。
いい意味で他人事みたいな。

誰だかのつぶやきで、ドイツ戦に勝利した後みんなで「すごいね」って言っていたって、
もうこれなんかほとんど他人事じゃないですか。
でもこういうところが、実はなでしこの強さの秘訣な気もするんですよ。
ほどよい緊張の中でバランスの取れたリラックス。
そうそうできるもんじゃないですよ、この大舞台で。
だからすごい。本当にすごい。

2011wwc2.jpg

ホラ、こんなことしちゃうんですよ、優勝カップで。
どんだけバランス取れてんのって感じですよ。
澤さんもざっくばらんにトロフィー持っちゃって。
なんかオモチャ屋さんに買い物に来たお母さんと子供みたい。

岩淵選手はこれからなでしこの中心になっていくはず。
澤選手の背中を見て、多くのことをまさに今学んでいる最中なんだろうなあ。

次は9月からオリンピック予選か。
すごいな。休む暇なんてないんだな。

でも帰国後の記者会見なんかチラッと聞いていると、
選手みんなしっかり地に足が着いていて、私の方がまだ浮き足立ってるじゃん。
ああ、やっぱり強いな、なでしこは。

なでしこ力。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。