自営業ヒデ&アキ+甘えん坊愛猫3匹の北海道生活満喫ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月29日対オリックスバファローズ戦2
2013年05月02日 (木) | 編集 |
さて、祝日の4月29日月曜日、
午前中のタップ教室のクラスが終わって急いで準備して、
ドームに着いたのは試合開始30分ほど前の12時半過ぎ。

130429.jpg

もう街中で見かけることはありませんが、
札幌ドームの周辺にはまだこんなにたくさんの雪が残っていました。
きっとこれ、ドームの屋根から落ちた雪の山なんじゃないかな?
日当たりの関係もあるのでしょうが、この時期にこの雪山、すごいですよね。

130429-1.jpg

そしてこれが10分後、ドームの中から撮った写真。
雪もすごいですが、いきなりのこの曇り空。なんだこれ。
手前の濡れているコンクリート、
あれは濡れているだけじゃなくて、雪解け水がじょろじょろと流れていました。
すごいなー。

更にドームの中を歩いていると、こんなものが。

130429-2.jpg

最初これ見た時、本当に「なんだこれ」と思いました。
なんだこれ。
で、よーく見たら、あら、中田じゃないの。

左端のウルフがあまりにもしっくりしていたので、本当になんだか分からなかったんですよ。
さすがアメリカン。本場です。
左から、ウルフ先発投手、宮西中継ぎ左腕投手、スイッチヒッター今は2軍の杉谷、
バファローズから移籍のショート大引、いつかジャパンの4番に中田、
そして現時点での盗塁王にしてエラーも多いけどバッティングセンスがバツグンの西川。

西川選手は今年高卒3年目の20才、
去年賢介が怪我して戦線離脱した後、賢介の後釜として大抜擢され、
今年は開幕スタメンでこれまでずっと頑張ってきている若い選手なんですが、
まだまだ鉄壁だったセカンド賢介の穴を埋めるには力不足で、
だけど本当に打つ方は現時点で3割超えてて素晴らしいセンスを持っていて、
だからあれなんですよ、Gの坂本みたいな感じなんですよ、きっと、
少々多少エラーしても、実践で力をつけていけって感じなんじゃないんですかね。
それぐらい、非凡なバッティングセンスをシロウトの私でも感じるいい選手です。

で、なんだこれなんですが、

130429-3.jpg

コレでした。

私が行った試合の3連戦は、スプリングフェスタと銘打って何かイベントしてたらしく、
そういう企画もので、6月のカープとの交流戦2試合、
選手がイベントをプロデュースする選手プロデュースデーのお知らせポスターでした。

「俺たちの街で、好きにはさせない」

そうなるといいですね。
ちなみに去年のドームのカープ戦は、1勝1敗でした。
観に行ってたんだ~確か勝った方。
祐ちゃんと野村くんが投げて、野村くん好投してたけど、
7回だか8回で体の不調を訴えて突如降板したんだったような・・・確か。

で、今回観戦したのはこの場所から。

130429-4.jpg

バックネット裏のお金持ち席の上の放送席の上の一般人席の1番前!
去年辺りから、バックネット裏一般人席での観戦するようになりましたが、
放送席の真後ろっていうのは今回が初めて。
しかも前は座席じゃなくて通路になっていたので、足も伸ばし放題。
しかも、たまたま両隣の席が空いていたので、隣にも気兼ねすることなく。
いやあ~いい席でしたねえ!
これであとは勝てれば。

試合はというと、
先発中村勝が先頭バッターをヒットで出し、
送りバントをしようとした2番バッターの頭部にボールを当ててしまい、
わずか6球で危険球退場。まぢかよ!
で、当然何の準備もしていなかった乾投手が先発2番手で登場しますが、
当然何の準備もしていなかったのでパカスカパカスカ打ち込まれ、
1回4失点2回2失点3回6失点の合計12失点、
わずか3イニングス目で、この日の試合が決まってしまいました。

マサルッティだって、わざとぶつけてやろうとぶつけたわけじゃありませんが、
なんつうか、今季先発ローテを任された立場としては、いただけませんでしたね。
結局この試合の結果から中継ぎ登板することになり、
しかし昨日の楽天戦では、吉川光夫の後を見事3イニングス0点で抑えました。
先発投手は、後の投手の運命も握っているんだということを、その責任の重さを、
中継ぎすることで学んでもらおうという首脳陣の判断は、
きっといい方向に進んでいくんじゃないでしょうかね。期待してます。

そして乾は2軍に逆戻り。
1軍と2軍を行ったり来たりで、なかなか1軍定着するところまで持っていけていませんが、
とりあえず今回打ち込まれたことは、上手く消化して次に繋げてほしいです。
1軍に上がれるだけの何かは持っているんだろうけど、
すぐ2軍に落ちてしまう分だけの何かが足りないんだろうと思うから。
それが何なのかは、私は野球経験がないので分かりませんが。
同期の祐ちゃんと、どっちが早く1軍定着できるか。いい意味で競ってもらえれば。
今祐ちゃんリハビリ中だから、乾、チャンスだよ!

早々に決着がついたので、あとは逆にリラックスして試合を観ることができました。
こういう場合は、気持ちを切り替えて楽しむのが1番!
なんつったってベルがチョー可愛かったしね!

そうそう、上の写真、
右端に写っているどっかのスポーツ紙か何かの記者さん、
途中飽きちゃったらしく、女優やグラビアアイドルの記事をネットで見てました。
後ろから丸見えだったぞー。

勝ち試合を観られなかったのはザンネンですが、
個人的に、今年は若手を主力として育てていく1年になるだろうと思っているので、
いつも以上に順位や結果にはこだわらないでいます。

昨シーズン前にダルビッシュが抜け、今シーズン前には賢介と糸井が抜け、
ベテランの稲葉も現在不調で2軍調整、同じく金子マックも体調見ながらの出場で、
これまでファイターズの主力中の主力としてチームを引っ張ってくれていた選手が
こぞっていなくなっているチーム状況を見ても、
これで去年と同じ状態や結果を求める方が私はアホかと思っているので、
もちろん選手や監督は、全ての優勝目指して頑張ってくれていますが、
いちファンとしては、今のチームが熟成して2年後3年後、
さすがファイターズと思えるような状況になる為の、今は土台作りと見ています。
新生ファイターズの成長する姿を今年は楽しむんです。

特に、陽くんが1番バッターとしてどれだけ成長するか、
今は1番バッターなのに初球凡打であっさりアウトとか代名詞となりつつある三振とか、
まだまだ1番目の打者としての役割を果たしてるとは言い難い仕事振りですが、
これがね、シーズン終わった頃どう変わっているか、
あと、西川くんが非凡なバッティングセンスのまま
どれだけ『ファイターズの内野手』として成長しているか、
ファイターズはやっぱり守りから攻撃のリズムを作っていくチームなので、
やっと私もその意味が今年分かってきたので、
そこらへんを期待しています。

次は5月30日、中日ドラゴンズとの交流戦を観に行く計画にしています。
ドアラに会いに行くんです。
去年は、ドラゴンズとの交流戦前日にお腹痛くて救急車呼んでヘーコラで、
観に行く予定にしていたけど結局キャンセルにしちゃったので、
今年は元気良くドアラに会いに行きます。

それまでの約1ヶ月、チームはどうなっているのかなあ。
ちょっとずつ先発ピッチャーが落ち着いてきているので、
いい流れになっていると、みんなが嬉しくていいなあ。

野球って、やっぱり楽しいですね。



スポンサーサイト
4月29日対オリックスバファローズ戦1
2013年04月30日 (火) | 編集 |
昨日、今年最初の札幌ドームに行ってきました。
札幌ドームといえばもちろん、我らが北海道日本ハムファイターズの試合です。
昨日はわがやの今シーズン開幕戦となりました。
今シーズンも、月1観戦目標に行きたいと思っています。行きます。

さて、試合内容というと、これは次に記事にするつもりですが、
3回までに計12失点という、3回で勝負が決まった試合でした、ハイ。

しかし!問題はそんなことじゃないんですよ!
私にとってこの日何が重要だったかって、これです!!!

130429hnf-.jpg

バーン!!!

この愛くるしい後姿・・・そう!
オリックスバファローズのマスコット、バファローベルです!

画像の右奥の四角いのが女子トイレの出入り口なんですが、
トイレから出てみたらなんだか人だかりができてて、なんだろな~とフラフラ歩いてたら、
うお!!!ベル!!!

なんと、女子トイレの前で、
ベルとファイターズの新マスコットポリーの写真撮影会が行われていたのです。

うわーうわーうわー!!!
写真撮りたい~~~~!一緒に撮りたい~~~~~!!!
とかなり本気で思いましたが、
どうも一緒に写っているのがちびっこで、それをお母さんたちが嬉しそうに撮っていて、
係りのお兄さんも「ハイ、次のお友達はダレかな?」とか言ってるし、
その状況で「ハイハイハイハイハイ!」と手を挙げる勇気は私にはなく、
いいなあ~いいなあ~と、とりあえず後ろから撮影パシャ。

よし、次は前に回ってみよう。

130429hnf-1.jpg

やあ~ん!ベルちゃん!カワイイカワイイカーワーイーイー!!!
その、鼻が詰まって口呼吸みたいな半開きの口元がなんとも愛くるしーいー!!!
座ったお膝がインになってるところもカーワーイーイー!!!
やーん!私もハイタッチしーたーいー!!!

130429hnf-2.jpg

もうずっと写真撮っていたかったのですが、試合も観なければ応援せねばで、
後ろ髪を引かれる思いでその場を立ち去ろうと思いながら、
階段登って更にまたパシャ!
やーん、ちょっと内股になってるところもカーワーイーイー!!!
ちょっとそこのボク、
そのポジションにいることにもっと感謝の気持ちを表しなさいよっ。
本当なら私がそこにいたいのにっ!!!

と、もうこれだけで大満足でございましたよ。
ベルの可愛さは去年初対面した時から知っていましたが、
やっぱり今年も可愛かった~!相変わらず可愛かった~!たまらんかった~!
ベイスターズのスターマンも可愛いけど、ベルもまた可愛い~。

基本、グッズとかに興味はない私ではありますが、
バファローベルのグッズは何か欲しいな~と真剣に考えているところです。
今、スターマンのキーホルダーを、まさにキーホルダーとして利用していますが、
ベルのもそういうので可愛いのがあれば、多分間違いなく、買うな。
去年、札幌ドーム内のグッズショップで見かけた2次元のベルは、
どうもベルのこの溢れる可愛さをあまり表現しきれていなくて、
「そうじゃないんだよな~」と購入しなかったのですが、
今年何か可愛いのがあったりしないのかな?

ちなみに、スターマンはキーホルダーだけじゃなくてパペットも持ってます。
ファイターズのファン大先輩からプレゼントしてもらいました。
そして、ファイターズのマスコットグッズは
2軍のマスコットカビーのうちわを持っています。
これも先輩にプレゼントしてもらいました。
全部カワイーンです~うふふふふ。



ヒデカレー
2013年04月08日 (月) | 編集 |
ヒデがカレー作ってくれました。

KC3O0158.jpg

明日には、もっと美味しくなっているそうです。
楽しみ!

でも食べ過ぎに注意しなきゃ。
美味しいからつい食べすぎちゃうんですよね。
食べすぎちゃう。
だって美味しいから。

明日楽しみだな。


背番号11大谷翔平プロデビュー
2013年03月29日 (金) | 編集 |
大谷翔平、コイツはホントに凄いぞ!!!

bbl13032921460024-p3.jpg

2013年プロ野球開幕!

我らが北海道日本ハムファイターズ、2013年開幕戦のスターティングメンバー、
8番ライト大谷翔平!!!
高卒ルーキーで開幕外野手スタメンは、ファイターズの歴史だと1954年まで溯るとか。
生まれる前じゃん!
それがですよ、4打数2安打1打点って、4打数2安打1打点、打率5割!!!
いやいやいやいやいや、これが興奮せずにいられますかってんだ!ヒョー!

プロ初の対戦投手は埼玉西武ライオンズの岸くん。
岸投手もいつの間にか28才になってたんですね。
で、ゴールデンルーキー大谷くんの初打席はこんな感じです。

bbl13032921460024-p12.jpg

なんでふたりとも同じような表情してんの?
第1打席は、4球インコースのストレートで見逃し三振。
まあ、プロのせかいはそんなにあまくないよな~なんて
今年も仕事しながらラジオで中継を聞きながら思っていたら、
5回第2打席、

bbl13032921460024-p8.jpg

ゴールデンルーキー、そのインコースのストレートをライト線にシュパーン!!!
プロ初安打記録!ヒョー!!!
野球解説者の工藤さんが言うに「学習能力がすごい」と。

bbl13032921460024-p9.jpg

で、同じ回、去年ルーキー西川くんのファーストゴロの際、
大谷くん、三本間に挟まれて鬼ゴッコになってタッチアウト~なんですが、
ここでも、粘って粘って鬼ゴッコで、あら、気付いたらランナー1・3塁じゃないですか。
ま、結局その後3塁のランナーがホームに戻ることはなかったんですけどね。
ラジオの解説者もファイターズファン仲間も、
その鬼ゴッコっぷりのセンスの良さに舌を巻いていました。

そして6回の第3打席、今度はいきなりタイムリーですよ!

bbl13032921460024-p7.jpg

うーん、このボディバランスの良さ。
軸がしっかりしてますよね。右投げ左打ちっていうのもいいのかな。
体の軟らかさもこれだけで充分分かります。
羨ましい。

bbl13032921460024-p2.jpg

お父さん世代の稲葉選手に迎えられてハイタッチ!
腕の太さが・・・長さも・・・こーの平成っ子めー!

7回の守備ではこんなファインプレーも。

bbl13032921460024-p4.jpg

193cmかあ。ほとんど2メートルじゃないですか。
腕伸ばしてジャンプしたら5メートルくらいになるんじゃない?ならないか。
ネット際のナイスキャッチに、向こうで見てるおじさんものけぞってますよ。
あのマスクの観客の被っているものはナンなんだ?

ゴールデンルーキー、大谷翔平、背番号11。
日本が誇る現メジャー投手、ダルビッシュ有の背番号を受け継ぐ者。
ファイターズの11番という背番号がこんなに違和感なく普通に見られるなんて、
3ヶ月前には想像すらしてなかったです。
想像を、はるかに超えたゴールデンルーキー、それが大谷翔平。

40f813fd-3997-4e7b-9bdf-bdcd27cb8274_n.jpg

うーん、カワイイ・・・

ライオンズの岸投手、登板後の談話で、
打たれたのは自分の失投ではなく打った方が上手かった、と。
岸投手に認めてもらった大谷くん。大谷くんを認めてくれた岸投手。
グッときました。


>>>3ヶ月前の大谷くんへの印象。



高校生ジャンパーの思い
2013年03月27日 (水) | 編集 |
『高2佐藤 “完全”V「沙羅の負担も軽くなる」』  

 スキー第84回宮様国際大会ジャンプノーマルヒル (3月1日 札幌市宮の森=HS100メートル、K点90メートル)

 男子では高校3冠のホープが優勝した。

 佐藤幸椰(札幌日大高2年)が99メートル、89メートルで2本とも飛距離、得点ともにトップで、岡部や小林ら実績ある年上の選手をなぎ倒した。高校生以下の選手が優勝したのは、現在W杯最多勝利を誇るシュリーレンツァウアー(オーストリア)以来7大会ぶり。佐藤は「僕らの世代が活躍すれば日本チームも注目される。今は一人で頑張ってる沙羅の負担も軽くなる」と心意気を示した。

e0310216_20581687.jpg

もうほぼ1ヶ月前の話になっちゃいますが、どうしても残しておきたくて。

今季は、スキージャンプ女子の高橋沙羅選手が大きく大きく取り上げられました。
それだけの記録を残してきたし、まだ16才という年齢も話題性抜群でしょう。
沙羅ちゃん本人は、自分は光の当たる所に出るのは好きじゃないと言っていましたが、
ソチ五輪を前にして、きっと注目度は上がっていくでしょう。
アメリカのサラちゃんと一緒で、いまや世界の沙羅ですから。

沙羅ちゃんの特集の番組で、インタビューに答えていた沙羅ちゃん。
「16才でそんなにいろいろ背負って大変じゃないですか?」
とのインタビュアーの問いに、間髪いれず
「背負っているのは私だけじゃないですから」

スキージャンプで女子が男子と同じように認められて、まだ年数が浅く、
サッカーや他の競技と同じく、ジャンプの女子選手はこれまで苦悩の道だったそうです。
女子の試合がなくて、男子と一緒に試合に出ていた女子選手も。
ちょっと今名前を忘れてしまいましたが、その選手がずっと頑張ってきて、
そして今の女子ジャンプに繋がっているとのことでした。
私がそのことを知ったのは、2年前のスポーツ雑誌の記事だったと思います。

女子サッカーの宮間選手は、負けると女子サッカーが注目されなくなると、
そういった発言を何度も繰り返してきていました。
多分、今でもその思いはあるのだろうと思います。
これだけ女子サッカーがなでしことして話題に上るようになってきた、その今でも。

傍から見ると、今、女子ジャンプでは沙羅ちゃんが1人で
女子ジャンプを背負っているように思えます。
実際、世界のトップクラスで戦えているのは、沙羅ちゃんだけです。
マスコミの注目も当然沙羅ちゃん1人に集まるし、
各世界を舞台にした試合でも、周囲の表彰台への期待は膨らむだろうし、
当然、沙羅ちゃんの意思に関わらず、
表舞台に立たざるを得ない状況も増えてくると思います。
きっと相当なプレッシャーもあると思います。
でも沙羅ちゃんは、自分1人が背負っているわけではない、とね。
すごいですよね。

そして、周りの仲間達は、そんな沙羅ちゃんの立場をよく理解しているんですね。
そのことが、この佐藤くんのひと言でぐわっと伝わってきました。
なんつうか、ぐっと心をつかまれました。
男子とか女子とかじゃなくって、ノルディックスキージャンプというひとつの競技で
どの選手もみんな尊重し合って切磋琢磨し合っているんだなあと。

佐藤くんのこの心意気に1ヶ月前ガツンとやられて、
ずっと記事にしようしようと思って、
シーズンも終了して4月目前の今、やっとこさっとこ思い腰が上がった次第です。

yukiya.jpg

佐藤君、4月からは高校3年生だね。



ケーキ食べた
2013年03月07日 (木) | 編集 |
今日はヒデの誕生日。
なのでケーキ食べました。

DSCN11971.jpg

仕事の合間を縫って、ヒデがひと駅先のデパ地下へ。
デパ地下といっても、オシャレデパートではない庶民的な雰囲気の場所です。
美味しくてリーズナブルなシュークリームを売っているお店が撤退しちゃって、
その後に入った新しいお店のケーキを。

DSCN11991.jpg

こっちはヒデの。
抹茶のシュークリームと抹茶のミルフィーユ。
ヒデは抹茶が大好きなので抹茶尽くしです。
そして抹茶シュークリームは3月限定だったそうです。ラッキー。

DSCN11981.jpg

こっちは私の。
抹茶のシュークリームとモンブラン。
私はモンブランが大好きなのでモンブラン必須。
本当はこのモンブランじゃない別のモンブランを注文したのだけど、
帰って蓋開けてみたらこのモンブランが入っていて
「こっちじゃなかったんだけどな・・・」とヒデ。
いいのよいいのよ。

今日、お祝いのケーキを食べるために、1週間、2人で減量しました。
どっちかが目標体重に達していなければ、ケーキなし。
夜体重を量るヒデは、昨日の夜のうちに目標クリア。
朝体重を量る私は、今朝の体重計で目標クリア。
ガンバッター!2人でガンバッター!

残り2日ほどはまさに減量。
ちゃんとゴハンは食べていましたが、食べる量と食べる時間を調整して。
とはいえ、仕事が仕事なので、決まった時間に食事が出来るとは限らず、
夜は本当に空腹との戦い・・・というか戦うパワーも全くなくて、
ヒデの誕生日にケーキ食べるんだ、絶対ケーキ食べるんだと、
呪文のように呟きながら乗り越えました。

でもおかげで、無駄な間食をしなくなったり、腹八分目を覚えたり。
これはとてもいい習慣なので、続けていこうと思っています。

ヒデ、誕生日おめでとーおめでとー!
これからもよろしくよろしく!


ノルディックスキー世界選手権2013
2013年02月26日 (火) | 編集 |
ただいまイタリアでは、ノルディックスキー世界選手権が行われています。
半分の競技が終わった現時点で、日本勢はメダルを2つ獲得しています。

最初のメダルは、ノルディックスキージャンプ女子、日本代表高梨沙羅選手。

oth13022303520002-p1.jpg

沙羅ちゃん、銀メダル獲得おめでとう!!!

いい笑顔です。

金メダルを目指して頑張ってきた沙羅ちゃん。
直前まで行われていたW杯で4連勝して臨んだ世界選手権でしたが、
現地入りしてから、いいジャンプもあれば飛距離の出ないジャンプもあり不安定でしたが、
本番では、1回目に104,5m、2回目に103mの大ジャンプを揃えて、
見事銀メダルに輝きました!

優勝したのは、アメリカのサラ・ヘンドリクス選手。
1回目にヒルサイズの106mを飛んで、飛型点でも高得点を獲得し、
2回目でも103mの大ジャンプ、もう文句なしでした。

試合後のインタビューで、サラ選手を称える沙羅ちゃん。
今回は、サラ選手が凄かったです。
でも、沙羅ちゃんだって、決してベストではなかったという中、
2本とも納得のジャンプを飛べて、で、この笑顔ですよ。
きっと、不安やプレッシャーや、いろいろあったんだろうなあ。
私もちょっとW杯札幌大会のことが頭によぎったけど、いらない心配でした。

そして、不安やプレッシャーと戦ったもう1人の選手、
ジャンプ混合団体に出場した伊藤有希選手18才。

tumblr_miqp2eIWE31s43wuwo1_1280.jpg

右から、伊東大貴選手、有希ちゃん、沙羅ちゃん、竹内拓選手。

有希ちゃんはジャンプ女子にも出場していて、成績は全体の20位。
出場選手43人中の20番でした。日本勢では2番目の成績なんですけどね。
男子の伊東選手や竹内選手も、表彰台の経験のある選手。
そして今シーズンW杯総合優勝の沙羅ちゃん。
混合団体の他のメンバーを見て、私が有希ちゃんの立場なら確実に不安になりますよ。

実際、1回目のジャンプでは、1番目に飛んだ女子選手の中で10人中8番。
でも、有希ちゃんも、この大会には本調子で臨めなかったらしいのに、
今出来るベストを尽くして、2回目は1回目よりも飛距離を伸ばしてきました。

終わってみたら、圧倒的なポイント差で優勝した日本チームでしたが、
有希ちゃんが自分を見失うことなく、きっちり2本飛んでくれたことが、
おにいさん2選手そして沙羅ちゃんの大ジャンプへと繋がったと、私は勝手に思ってます。

つか、本当に素晴らしいチームワーク、チーム一丸となって掴んだ金メダルでしたよ!
1時間ちょい遅れの中継でこの試合を深夜の時間帯で見ていましたが、
もう興奮しすぎて、布団に入ってもなかなか寝付けなくて、こんなこと滅多になくて、
朝起きても夢のようにふわふわした気分でした。
本当に本当に、素晴らしい感動の混合団体でした。
この混合団体は今大会からの種目で、つまり初代チャンピオンってことですね、日本が!
来年のソチオリンピックの競技には入っていませんが、
これ、この競技とても楽しかったです、見てて。
4人が飛んでみないと、本当に最後まで順位がどうなるか分からないし、
女子と男子が順番ずっこに飛んでるのも、いい感じでした。

沙羅ちゃん個人の応援からジャンプを見るようになりましたが、
少しずつ競技の特徴を覚えながら見ると、面白くてますます楽しくなりました。

いやあ、それにしても、いい写真だなあ。


■ 2013年ノルディックスキー世界選手権



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。